粗大ゴミ

作業を効率良くする機械

スクラップ

産業廃棄物の中には、資源として再利用することができるものがあるかもしれません。ですから、産業廃棄物を処理する前に産廃選別という、廃棄物の中からリサイクルすることができるものを探す作業を行なわないといけないのです。産廃選別は、廃棄物の種類にはよって使用する機械が違うため、選別する前にどのような機械が必要なのか調べる必要があるでしょう。工事現場などで出る木材の欠片、解体した時に生じた土砂などを選別するには振動フルイ機と呼ばれる機械を使用します。この機械は砂や土に混じっている木材やゴミなどを、自動的に選別して砂や土以外のものを分けることができます。汚れた泥にはソイルブレンダーという機械が最適で、これを使用することで泥をキレイにして品質の高い土に改良することができるのです。このような機械は、レンタルすることができるということで、多くの工事現場や工場で使用されています。業者によっては大型のプラントを設計したり、施工したりしてくれます。このプラントという機械で大きな石やコンクリートガラ材などの大きな産廃を、細かく砕くことができるため廃棄物を小さくすることができます。廃棄物の量を減らすだけでなく、小さくすることも廃棄物処理で必要なことなのです。このような機械を貸し出している業者では、レンタルだけでなく新品や中古の機械も販売しています。毎回使うという業者はこの機会に購入することをおすすめします。購入した後のサポートが充実している業者で購入すれば、今後何かがあっても問題なく産廃選別をすることができるはずです。

中間処理の種類

スクラップ

産廃処理には中間処理と最終処分の二つがあります。最終処分の前に、中間処理という廃棄物を小さくする破砕という作業、泥に含まれている水分を飛ばすための脱水という作業をしないと処分することはできません。

Read More...

瓦礫を改良して利用

瓦礫

瓦礫選別は瓦礫を再利用するために必要な作業なので、全て処分してはいけません。選別には重機や選別用の機械がないとできないため、業者から機械を借りるか業者に選別を依頼するようにしましょう。

Read More...

混ざった廃棄物

建築廃棄物

混合廃棄物とは産業廃棄物と一般廃棄物が混ざった廃棄物のことをいいます。この廃棄物は、選別することが難しく再利用することができないだけでなく、処理にかかる費用も高くなるので、廃棄物の分別を心がけるようにしましょう。

Read More...